さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › スノーホッケーを学ぶ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at
2018年02月01日

東区大会長・副会長の言葉

1月28日(日)サッポロさとらんどで開催された東区スノーホッケー大会も無事終了致しました。

開会式・閉会式に会長・副会長の挨拶がありました。

会長・副会長共に共通していたのが大会を開催するにあたり「感謝の言葉」を述べていたことでした。


この大会が開催できるのも選手をはじめ父母の方・関係者の方々の協力があってのことです。本当にありがとうございます。




そして副会長は閉会式で

「皆さんはこの大会を通して自分のことを学びました。」

試合を終えて自分自身、足りないものに気づけたのではないかということです。



この言葉、身に沁みました。

自分のチーム、自分のことで言えば練習はできていないから動けない・打てないとわかっていても
やはり試合をするとそのことが痛いほどに感じます。

実践で改めて自分を知ることのできた東区大会。



さて、走り込みますか。



話は最初に戻り、会長・副会長が述べた感謝の言葉。


まさにその通り前日のコート作りなども含め、たくさんの方々が協力してくれて開催できています。
先生方の協力があってチームを大会に申し込んでくれ試合ができています。

子供達は単に「スノーホッケーがしたい」からできているのではなく
先生や父母が協力してくれて試合ができています。

自分が小学生の頃は単に「自分がスノーホッケーしたいからできている」と思っていましたから。
申し訳ないですが先生方のとてつもない労力について考えることもありませんでした。


そのことにに気づかせようと述べた会長・副会長が素晴らしく思えました。




先代の会長・副会長はどうだったか

思い返すと

「皆さん、大会当日の天気が気になってた思います。大雪でスノーホッケーができないんじゃないかと思ったと思います。



安心してください。スノーホッケーできますよ!


と一言。



思い返すと

「怪我の防止は帽子から」


と一言。



挨拶は人それぞれ、伝えたいことを伝えれば良いのですが
せめて、まずはこの大会に携わった方々へ感謝を述べるべきだったと配慮に欠ける先代は後悔しています。


それにしてもしっかりした会長・副会長だと改めて感心した東区大会



会長・副会長の挨拶を聞いていた関係者は
「余計なこと言わなくて良かったよ」と好評でした。



東区大会

おわり  
タグ :会長挨拶


Posted by こすりん at 08:00Comments(0)スノーホッケーを学ぶ
2017年08月11日

場所が変わってもいつも通りの事を

天売島に渡った話の続き。
前回記事はこちら
「天売島で感じるスノーホッケー」


思いもよらぬ激坂で休憩を入れながら





合間合間に訪れる




絶景!!


スノーホッケーの試合をしているようなスリリングな展開で

決して楽で平穏な20分間(スノーホッケーの試合時間)はないように

この自転車島一周もまたスノーホッケーのそれを思い起こさせるような展開でした。


そしてこれはまるでスノーホッケーをしているかのように汗が吹き出し



顔いっぱいにかいた汗を拭った。



時時刻々と滲む汗







激坂の大変さが伝わる。


「なぜ俺らは天売島に遊びに来てこんなにもキツく辛い坂を登らなければいけないのか」

「こんなつもりじゃなかった」

「こんなに汗を掻くつもりじゃなかった」


永遠と登り続ける坂の途中で口々にこう言い


時折訪れる絶景に

「こんな景色に出会えるとは」

「これはすごい」

と感動を共有する繰り返し。



そしてその激坂によって滲んだ汗は奇跡的にも・・・





ハート型となる!


絶妙な肉付きが織りなした汗ジミによるハート型

いざ真似をしようにも1日2日では到底完成することのできないボディ

日々の積み重ねがこのハートの形を作り上げたこと


一つの形、その形とはスノーホッケーではゴールを決めることや相手のボールを止めること、そしてその一つ一つの形は最終的には勝ちという大きな形へとなる。これは決して1日2日でどうにかなるものではなく日々の積み重ねで得た形、それ以外の何物でもない事をこのハートから再確認。



約2時間程かけ島一周を無事に終え、
苦しいこともあったけど楽しいこともあった2時間で達成感と疲労感に包まれている中、



激走を終えたハート型の彼は

炎天下の中、チョコのたっぷりかかったエクレアにかぶりついていた。



その姿に一同言葉も出ず、むしろ感心した。


日々の積み重ねを目の当たりにした瞬間でもありました。





自転車での島一周を終えた瞬間
糖質フェイスオフとなり彼の中でまた新しい試合が始まった様子。


終わりは始まりの合図。


ありがとうございました。



おわり










  

Posted by こすりん at 08:30Comments(0)スノーホッケーを学ぶ
2017年08月04日

天売島で感じるスノーホッケー

天売島

ということで7月23日、日帰りで天売島へ渡りました。



羽幌港からオロロンラインというフェリーに乗り





試合時間にして4試合半の90分あるので横になってテレビを見たり




たまに外の風を浴びたり。


なんだかんだ過ごしているとあっという間に
待望の天売島に着き。

島でのアクティビティというと
ネット情報では自転車を借りての島1周くらいしかないようで
1周10km程ということでまぁ少し頑張れば回れるほどの人口300人程の小さな島。


まぁ時間はあるし、少し頑張って島でも1周しようかということで
早速自転車を借りて島1周をすることに。

自転車屋のおばちゃんは
前半ちょっときつい坂もあったりアップダウンのあるコースだよ
と言っていたが想像を絶する激坂であり心がへし折られるほどの勾配。

そんな激坂がこの先あるとは知らず
今振り返ればなんてことのないスタートのちょっとした坂道でメンバーは息切れし休憩。



そのちょっといった先に景色が一気に開け
とてつもない開放感のある場所にたどり着く。



思わず自転車を止めて見入ってしまう程。




この景色にひどく感激しペダルを漕ぐ力も自然と湧いてくる。


が、この景色の直後に想像を絶する見たこともない激坂ゾーンへと突入。





登れど登れど終わらない。

3段切り替えの自転車ではとてもじゃないけど歯が立たない。



そして今まで見たことのない坂を登り終えた先にはまた絶景。




事前に調べた情報では見つけれなかった「天売島の絶景」

きっと事前に知らなかったからこそ
そこまで何も期待してなかったからこそ
より感動したのかもしれません。




きっと初めてスノーホッケーを経験した人は
「寒い冬に外でホッケー?ハァ?」という思いを持ちながらも
実際にやってみて次々に押し寄せる感動がまさにこんな感じなのかなーと思いました。


ネットや言葉だけでは伝わらない
「スノーホッケーは楽しいよ」


経験するからこそわかる
経験した人にしかわからない
ということを改めて感じた天売島でした。




用意していたオチまでまだたどり着けそうにないので今日はここまで。


ではまた〜


  

Posted by こすりん at 08:00Comments(0)スノーホッケーを学ぶ