さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › スノーホッケーを学ぶ
2017年08月04日

天売島で感じるスノーホッケー

天売島

ということで7月23日、日帰りで天売島へ渡りました。



羽幌港からオロロンラインというフェリーに乗り





試合時間にして4試合半の90分あるので横になってテレビを見たり




たまに外の風を浴びたり。


なんだかんだ過ごしているとあっという間に
待望の天売島に着き。

島でのアクティビティというと
ネット情報では自転車を借りての島1周くらいしかないようで
1周10km程ということでまぁ少し頑張れば回れるほどの人口300人程の小さな島。


まぁ時間はあるし、少し頑張って島でも1周しようかということで
早速自転車を借りて島1周をすることに。

自転車屋のおばちゃんは
前半ちょっときつい坂もあったりアップダウンのあるコースだよ
と言っていたが想像を絶する激坂であり心がへし折られるほどの勾配。

そんな激坂がこの先あるとは知らず
今振り返ればなんてことのないスタートのちょっとした坂道でメンバーは息切れし休憩。



そのちょっといった先に景色が一気に開け
とてつもない開放感のある場所にたどり着く。



思わず自転車を止めて見入ってしまう程。




この景色にひどく感激しペダルを漕ぐ力も自然と湧いてくる。


が、この景色の直後に想像を絶する見たこともない激坂ゾーンへと突入。





登れど登れど終わらない。

3段切り替えの自転車ではとてもじゃないけど歯が立たない。



そして今まで見たことのない坂を登り終えた先にはまた絶景。




事前に調べた情報では見つけれなかった「天売島の絶景」

きっと事前に知らなかったからこそ
そこまで何も期待してなかったからこそ
より感動したのかもしれません。




きっと初めてスノーホッケーを経験した人は
「寒い冬に外でホッケー?ハァ?」という思いを持ちながらも
実際にやってみて次々に押し寄せる感動がまさにこんな感じなのかなーと思いました。


ネットや言葉だけでは伝わらない
「スノーホッケーは楽しいよ」


経験するからこそわかる
経験した人にしかわからない
ということを改めて感じた天売島でした。




用意していたオチまでまだたどり着けそうにないので今日はここまで。


ではまた〜


  

Posted by こすりん at 08:00Comments(0)スノーホッケーを学ぶ
2017年07月28日

【次回】天売島で感じるスノーホッケー

長らく更新が滞っていました。
感覚的には1試合程ベンチで休んでたという感覚ですが
時間にすると約2ヶ月ですか・・・。

スノーホッケー最後の大会
少しでもシーズンを長く過ごすために
最長で決勝まで進むことが
誰よりもスノーホッケーシーズンを長引かせる
唯一の方法ですが
いざ決勝まで進んでどのチームよりも
長くシーズンを過ごせたとしても
振り返ればあっという間のシーズンだったっというあの感覚。(尚、ここ数年は決勝に進んでない模様)

その感覚と同じように1試合ほどの休憩の感覚が
2ヶ月もの月日が流れていたことに驚きました。


こんにちは、てっしです。


ということで次回予告

天売島


気長に更新していきますので
1試合ベンチで休むつもりで更新をお待ちください。


ではまた次回。

  


Posted by こすりん at 23:57Comments(0)スノーホッケーを学ぶ
2017年05月11日

きっと揉まれることが好き

「ぶらりニセコ旅」去年のGWの様子はコチラ→http://drivers.sapolog.com/e450329.html


今年もニセコに行ってきました。


峠山頂付近には所々にまだ雪が残っており

「はやくスノーホッケーがしたいね」

「溶けないでほしいね」




・・・なんて会話もなくニセコに向けて淡々と目的地に向かいます。



ニセコにはたくさんのアクティビティがあり

去年はテニス




今年はラフティング。


「川下りを楽しむレジャースポーツ」


ラフティングと聞くと「穏やかな川下り」というよりは「激流下り」というイメージのほうが強い。
これを聞いて想像するに「何故わざわざ濡れに行かなければいけないのか」という思いが先行してしまいそうだけど

ニセコの大自然に囲まれてボートに乗ってみると、それまでの不安がすべて吹き飛ぶほどの解放感と高揚感。
そして都会での騒々しい毎日、仕事に追われる日々、人間関係の煩わしさ、お客の前で作る表面上の笑顔、その全てのストレスから解放されます。

羊蹄山



時折訪れる激流に、いつしか「もっとほしい」という感情に

ラフティング


















揉まれたい。もっと激流に揉まれたい。


きっとこの感情は吹雪で前が見えない中でもスノーホッケーをやり、歯を食いしばり雪に揉まれてきたからこそ芽生えた感情なのかもしれません。


スノーホッケー選手にオススメのスポーツです。


おわり

  

Posted by こすりん at 13:04Comments(0)スノーホッケーを学ぶ