さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › 雑談 › スノーダンプの歴史
2018年12月14日

スノーダンプの歴史

スノーホッケーをやる前にまず行わなくてはいけないのがコートの除雪

この作業が大変な重労働であり、その作業に欠かせない用具がスノーダンプ

スノーホッケーには欠かせない必須アイテムとなっています。

今日はそんなスノーダンプに着目してみます。


スノーダンプの歴史をみてみる



昭和20年代に北海道で国鉄職員が除雪のために木で作ったものがルーツと言われています。

スノーダンプの歴史
<出典:ママさんダンプ研究所>



その後、昭和36年に石川県にある鉄工所が鉄製の「スノッパ」というものを開発。

しかし欠点は重すぎるため各地で改良が施され

鉄製と木製を組み合わせたものを開発。


昭和60年にプラスチック製のスノーダンプが登場した。

現在でも硬い雪を処理するために鉄製のスノーダンプを使う人もいるらしく
現在も鉄製スノーダンプは販売されているが重さは5kg以上ありかなりの重量級。

スノーダンプの歴史


ママさんダンプは商標登録されている



昭和60年にプラスチック製のスノーダンプを開発した会社。
「女性でも簡単に雪が運べる」をコンセプトに開発されたものが「ママさんダンプ」
取っ手の長さも女性に合わせて作られているようです。

このママさんダンプ、新潟県のニラサワ製販株式会社が商標登録されています。

現在は一般的にプラスチック製のスノーダンプは「ママさんダンプ」という認識になっていますが
どうやら正確にはニラサワ製のものだけが「ママさんダンプ」と呼ぶようです。


なるほど・・

以上、スノーホッケーと関わり深いスノーダンプの歴史でした。


おわり



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(雑談)の記事画像
憧れの青い帽子
スノーフィート<新ウィンタースポーツ>発見
過去のプラカード
市長杯でもらった参加賞のボールペン
コートのレッツ跡
11月19日はなんの日
同じカテゴリー(雑談)の記事
 憧れの青い帽子 (2019-02-22 14:58)
 スノーフィート<新ウィンタースポーツ>発見 (2019-01-17 08:00)
 過去のプラカード (2018-12-05 08:00)
 市長杯でもらった参加賞のボールペン (2018-03-04 08:00)
 コートのレッツ跡 (2018-01-11 08:30)
 11月19日はなんの日 (2016-11-19 09:00)

Posted by こすりん at 08:00│Comments(2)雑談
この記事へのコメント
どうも、お久しぶりです。

2019年の東区大会と市長杯の日程ってわかりますか?
Posted by ヨッシー at 2018年12月18日 13:35
どうもこんにちは!
東区大会は例年最終日曜日なのでおそらく1月27日、市長杯は2月17日となっております。
Posted by てっし at 2018年12月19日 12:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
スノーダンプの歴史
    コメント(2)