さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at
2008年04月19日

新スタイルプラカード

ウィニングイレブンをディープとんこんことのっぽとハジィーの5人でやってました。

今みんなは爆睡中icon70

もうウィイレやんね!!!


でもまた少しウィイレを通して団結が深まった気がしますface02こんにちはプロです♪


いつも大会前にみんなでプラカードを作ってます。

を描いて塗ってケンカしながら、なんだかんだでかなりの時間を費やして作っていますface01

プラカードってチーム名を入れて自分たちのチーム名を周りの人にわかるようにするものだと思います!


でもWikipediaによると

プラカードとはそれを読む者に情報を提供する板状の掲示物である

とあります。


そうなんです!
今回僕らは自分たちのチーム名を示すプラカードじゃなく

プラカードを見た人にスノーホッケーをやってる人みんなに僕らが伝えたい事をテーマに書いてみました。


見た人もいるでしょうか??



左が今回のこすりつけDRIVERSの新スタイルプラカード

右がPinkyDRIVERSの今までと同じスタイルのプラカード


かなり斬新だと思いませんか?



つか、みえねーし!


いや、ほんとはねもっと大きくするはずだったんだけどホットドックに頼んだらやってこなかったというかなんというか・・・


でも何回か見ているうちにだんだんとアジが出てきてこれはこれでよかったのかな~って思いますface01




自分たちがスノーホッケーをやっている小学生たちとかに感じてほしいな~ってことを書いてみました。



実はこの言葉は今から2~3年くらい前に発寒小学校のN島先生が大会前日に子供たちに言ってた言葉なんです。

その先生の言ってたことがとても印象に残っていて今でも覚えていていますicon04


ってことで今回プラカードに載せてみました♪


大会の日にずっとプラカードを立てて
『誰か読んでくれるかな~』
って思ってみてました。


何人かの小学生たちは立ち止まって読み終わると首をかしげていました。


市長杯と知事杯を通してこのプラカードの意味を感じてくれた人は何人いたかわからないけど

少しでも感じてくれた人がいたらうれしいな♪


今回、スノーホッケーのプラカードの形式とかは特になかったのでいっか~♪ということで思い切ってこのスタイルにしてみました(笑)
でもほんとはあんまよくないのかな・・icon10

来年はどんなスタイルにしようかな~♪わくわく♪
  

Posted by こすりん at 06:00Comments(0)DRIVERS
2008年04月12日

僕の審判レベル〜LEVELアップに必要な経験値2027〜

もっとスノーホッケーに携わりたい!!関わりたい!!

もっとスノーホッケーに協力したい!!

だって主審してみたいんだもん♪

ってことで知事杯で審判のA級ライセンスをディープと一緒に申請しましたicon22

結果はどうなったんでしょうか・・・・・(笑)


こんにちは,スノーホッケージャンキーなプロです♪


A級ライセンスを取得する事で主審が出来るようになっちゃうんです♪


僕のONE-WHISTLEで試合が動きます!
僕のONE-WHISTLEで喜んだり感動したり涙する人がいるんです!

改めてONE-WHISTLEの責任や重さを感じちゃいます。


そんな訳で
やっぱり今年も審判の難しさを感じました。

もう何10試合も審判をしたけど今だに難しさを感じちゃいます。

それでも僕らから見てとても審判LEVELが高い先生がいます。

その先生と一緒に審判をやるとその先生のJUDGEにいつも関心してしまいます。

僕もいつかはその先生くらいの審判LEVELになりたいなッo(^-^)o



ってことで
今Seasonで1番思い出に残っている試合は

一般男子の部
経験者TEAM VS 初心者社会人TEAM


僕はとても嬉しくて今日はスノーホッケーを楽しんでほしいな〜とかスノーホッケーを好きになって来年もずっと参加してほしいな〜♪って事を主審のO沢先生と話していました。

だからといって初心者のTEAMにひいきするとかじゃなくて!


今日初めてスノーホッケーをやる人がほとんどでレッツに慣れてない感じがすごい新鮮でルールも曖昧な感じだったけどみんな楽しそうに試合をしていました!

それをみて自分もなんか嬉しくなっちゃってウキウキしながら審判をしていたんだけどそれでもやっぱりハイスティックが若干気になりました。

微妙な感じの時は僕も先生も苦笑いしながら流したり吹いたり。


『まぁでも少しくらいはしゃーないか』

でも
『ゴール前ではしっかり笛をふこう』

と主審の先生と話していたんですが

相手TEAMからは今のはハイスティックだ!!とかファールでしょ!!審判!ちゃんと取ってよ〜!とかの声がたくさん聞こえてきました。


僕は笑顔で返しました。


その試合最強のブーイングは

初心者TEAMがシュートを打った後の僕のJUDGE!


そのシュートは確かに相手TEAMに当たったんです。が、そのシュートは相手TEAMのスティックに僅かに当たった程度!!

大きく角度が変わる程じゃないし周りで見てる人たちから見ればゴールラインをわってゴールヒット!!!って流れだったの。
周りの選手たちも。

凄く悩んだけど
でも僕はちゃんと相手に当たったのを見ていたから

コーナーを指さして
『コーナーヒット!!』
と言いました。

すると
周りからゴールヒットでしょ〜!とか、え〜審判〜!っていう声を一斉に浴びました……

でも僕は相手に当たったのを知ってるので

『今当たりました!』

『今スティックに当たったんですよ!』

と大きな声で周りの人に説明しました。それでも周りの人は苦笑いです。


そーゆー場面ってどうしたらいいんだろう…(*_*)
ホントに難しい!

誰も気付いてないしゴールヒットの流れだから周りが納得するゴールヒットにするのか

周りは気付いてないけど確かにスティックをかすったのを見た!周りに何を言われようとコーナーヒットを断固貫くのか!

もちろん断固コーナーヒットを貫く方が正しいんだと思う!
誰も見れないような事を見てJUDGEする事がLEVELの高い審判だと思うo(^-^)o

だから僕は周りに何を言われようと正しいJUDGEをしたと思ってますo(^-^o)
そのJUDGEを通してまた審判LEVELが少し上がったような気がします♪

そして来年、もっともっと審判LEVELを上げて主審をやってみたいな!
A級受かってたら笑  

Posted by こすりん at 11:46Comments(6)
2008年04月05日

朝まで討論会

こんにちは,プロです♪

皆さんスノーホッケーが終わってもベットの上では今もプレーしていると思います.


朝まで討論会の結果,

新潟プロジェクトは保留

おやGさんもいってた通りまずは北海道から!!ということで


それからそれから

メンバーの中にも今のままの規模でいい!とかもっと広めたい!とかみんなの思っている色々なスノーホッケーを聞けてホントによかったface02

それでもみんな共通していたのは小学生たちが好きということ・お母さんたちが好きということ!

みんな人との繋がりが好きなんです♪

てことでもう一度最初からゆっくり考えていきたいと思いますface06

それでは楽しい休日を〜♪
  

Posted by こすりん at 23:59Comments(3)