スノーホッケーを世の中に広める会2!! 

さぽろぐ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!!

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at
2017年04月11日

大会開催日

子供たちの体力増進と冬に外で遊ぶキッカケづくりとして札幌市で考案されたスノーホッケーは
市内の小学生を中心として栄えましたが、今では大人でも夢中になってしまう程スノーホッケーの魅力は奥深い。
白紙


今では大人でも参加できる一般の部が男女ともに賑わっています。


というものの、道外への進学・就職・仕事の都合上などなど

いつも2月の第3週日曜日に開催される大会に参加したくてもできない人も多く、人集めに苦労するチームも少なくありません。


ただでさえスノーホッケー人口が少ないスポーツ

しかしプレーヤーが少ない割に異常なほど楽しいスノーホッケーでは「スノーホッケーをやりたい」という人を少しでも取りこぼしたくないはずです。できることなら参加してもらいたいはずです。


やりたいけどできない。
これが一番つらい。



本人もつらく。スノーホッケー側としても悲しい。
どちらも得していない。



参加できない理由は色々だけど

その中の一つに道外への進学や仕事というのがネックとなっている人も少なくないはずです。


それが参加できない理由で
それを少しでも解決することができればスノーホッケー人口も参加チームも若干増えて益々盛り上がっていきそうな気がします。






そんな解決方法を見つけました。










道外へ進学就職したとしても正月くらいは地元に帰省する時期

どんなに忙しい仕事でも割とこの日くらいは休みの人も多いはず。



1年の締めくくりでスノーホッケー

勝っても負けても翌日は新しい1年の始まりで「また今年も連覇を目指そう」「今年は勝とう」と皆が気持ち新たに切り替えられます。

いいことだらけ。



なんかこの案、いけそうな気がする~



おわり

  


Posted by こすりん at 09:39Comments(0)スノーホッケー
2017年04月08日

留萌市の地域貢献

札幌発祥のスポーツ「スノーホッケー」は札幌市の小学校では毎年冬の恒例スポーツとなっていますが
中々札幌から発展し全道へとは広がりをみせていません。

そんな中、嬉しいことに留萌市の小学校は毎年札幌で行われている市長杯にまで遠路遥々参加してくれています。
留萌市でもスノーホッケーは毎年冬盛んに行われているようです。

時折新聞でもその活動が紹介されています。
<過去記事参照→各地区市長杯に向けて熱を帯びている模様


そんなシーズン真っ只中であった今年1月末にスノーホッケーの活動を行う小学校へ地元企業が協力したという記事が載っていました。


萌州建設株式会社が地域貢献



萌州建設株式会社

なんと地元建設会社がスノーホッケーの活動を行う留萌市潮静小学校で、スノーホッケー用コートを地域貢献として増設したそうで。


コートを作るだけで大変なスノーホッケー

雪が降る度コートの除雪から練習は始まり・・・

降雪量の多いときは半日もかかることも。


ましてやコートを1から作る、増設となるとそれはもう・・・・大変な労力で。



スコップで雪の積もったグラウンドにスコップをさし

ママさんダンプでその雪で運んだりするその作業は終わりが見えなく・・・・



絶望と挫折・戸惑い・闇・不安と戦い


やがて迎える体力の限界。


様々な苦難を乗り越えてようやくスノーホッケーのコートは完成します。


そんな苦労を知ってか地元企業が重機を使いコートを増設してくれたそうです。




さらに、

①ボール飛散防止ネットの設置

②コートの周りも除雪し観衆用スペースの確保




おったまげ。
凄すぎ!!



さらに大会当日も選手が万全の体勢で試合に挑めるようスポーツドリンクの提供。



スノーホッケーは周りの方々に支えられてやれているということを改めて実感した記事でした。


ちなみに小学校6年生男子の部で留萌チームが見事優勝!

留萌の勢いと熱の入れよう凄すぎ!!



おわり  

Posted by こすりん at 08:00Comments(0)スノーホッケー
2017年04月06日

スノーホッケーリフティング大会と山の手小学校でスノーホッケーイベント

今年2月18日市長杯の前日に
山の手小学校で冬のイベントがあり
そのイベント内にスノーホッケーイベントがあったようで。

「かさ ・イン ・ワン」
傘を逆さに設置しそれをホールとし、手作りスノーホッケースティックでボールを転がす。

わかりやすく言えばパークゴルフ的なイメージでしょうか?


「スノーホッケーリレー」
チーム戦。手作りスノーホッケースティックでボールをころがしながら、コーンまで行き戻ってきて次の走者につなぐ。

燃えますねこれ。


そして、このイベントに携わった方々はスノーホッケー経験のない方ばかり
というのが驚き。

今回スノーホッケーを知らない子供たちや大人にスノーホッケーに触れてみようと企画され
実際にスノーホッケーで使用している木のスティックは初心者では少し危険ということもあり
わざわざダンボールで手作りされたそうで。


手作りスティック



凄すぎます!!!!



そして市長杯当日でも1時間程
試合に参加する選手やいつも応援にきている父母などを対象にリフティング大会が開催され、傘を逆さに設置してそれを的とし、そこにボールを近づけるというルール

試合以外の楽しみや普段観てはいるけどスノーホッケーに触れたことがないという方に少しでも
触れてもらえ、プラカード大賞も含め色々なスノーホッケーの楽しみが増えていく市長杯。


そして今回このイベントに賛同・協力いただいた方の中に
小学生からスノーホッケーをやっており一般男子でも参加経験のある方がいるという情報をキャッチしました。



そしてその方、

現在は小学校の先生として子供たちにスノーホッケーを指導されているそうで。



素晴らしすぎ!

選手から後世へ繋ぐ指導者へ
まさに理想形態!!






是非今の子供たちにスノーホッケーを伝えていってほしいです。


おわり