スノーホッケーを世の中に広める会2!! 

さぽろぐ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!!

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at
2017年05月11日

きっと揉まれることが好き

「ぶらりニセコ旅」去年のGWの様子はコチラ→http://drivers.sapolog.com/e450329.html


今年もニセコに行ってきました。


峠山頂付近には所々にまだ雪が残っており

「はやくスノーホッケーがしたいね」

「溶けないでほしいね」




・・・なんて会話もなくニセコに向けて淡々と目的地に向かいます。



ニセコにはたくさんのアクティビティがあり

去年はテニス




今年はラフティング。


「川下りを楽しむレジャースポーツ」


ラフティングと聞くと「穏やかな川下り」というよりは「激流下り」というイメージのほうが強い。
これを聞いて想像するに「何故わざわざ濡れに行かなければいけないのか」という思いが先行してしまいそうだけど

ニセコの大自然に囲まれてボートに乗ってみると、それまでの不安がすべて吹き飛ぶほどの解放感と高揚感。
そして都会での騒々しい毎日、仕事に追われる日々、人間関係の煩わしさ、お客の前で作る表面上の笑顔、その全てのストレスから解放されます。

羊蹄山



時折訪れる激流に、いつしか「もっとほしい」という感情に

ラフティング


















揉まれたい。もっと激流に揉まれたい。


きっとこの感情は吹雪で前が見えない中でもスノーホッケーをやり、歯を食いしばり雪に揉まれてきたからこそ芽生えた感情なのかもしれません。


スノーホッケー選手にオススメのスポーツです。


おわり

  

Posted by こすりん at 13:04Comments(0)スノーホッケーを学ぶ
2017年04月19日

今度の舞台は雪上ではなく、

スノーホッケーはいくら冬の子供たちの体力づくりが目的と言っても流石に1年に1回の大きな大会だけではもったいない。

もったいないというのは、このスポーツが楽しすぎるために1年に1回の大会だけではもったいないという意味です。

そして雪がないとできないスポーツでもあるということで日本全国どこでも気軽にといかないところももどかしい・・・。



先日、雪が降りましたがシーズンオフの降雪は雪に申し訳ないけど流石にスノホ選手でも喜んだ人はいなく。

スノホ選手にとっても雪が降ったからいいってものじゃないなと実感しました。




でもこんなに楽しく素晴らしいスポーツ

きっと冬だけでは体を持て余している選手も多いはず。




しかし雪がないと・・・・





スノーホッケーは雪の上でやるスポーツでありその日の雪質・天候・気温によってコート状態が異なります。






あ、






砂!!!!






砂浜ってスノーホッケーでいう悪条件の状態に似ている!!!!



気温-5°以上になると降り積もった雪は踏んでも固まることなく、ボールは消える(埋まる)・転がらない・足場が悪いので体力的にも苦しいの3Kとしてスノーホッケーの中でも悪条件


そんな悪条件の中でもスノーホッケーをやるのは楽しいから。


つまり砂の上でやるホッケーはスノーホッケーでいう悪条件とほぼ同じ状態。つまり楽しい。






ザ・サンド・オブ・ホッケー




スノーホッケーの延長線上にあるというスポーツということで








足にはレッツではなく、




レッツ風のビーチサンダルで。




なんか、いけそうな気がする~



おわり

  


Posted by こすりん at 14:58Comments(1)スノーホッケー
2017年04月14日

除雪道具

コートづくりには欠かせない除雪道具

道具が良ければ苦難も少しは和らげ作業効率も上昇

そんな除雪道具を紹介します。


ラッセルプッシャー




(出典:http://item.rakuten.co.jp/g-life/226007/

通常のプッシャーだと雪の逃げ場がなく大量の雪をかく場合は重たくなって押せなくなります。
このラッセルプッシャーは雪を左右に逃がしてくれるので楽々押せそう。


ただ、雪が左右に逃げるのでスノーホッケーのコートづくりには不向き・・・。




押SNOWさん大関





(出典:http://item.rakuten.co.jp/soukai/4582228226654/



ネーミング・汎用性共に抜群!!

通常のプッシャーにタイヤがつくことで楽に押せるらしい・・・楽に押せるなら作業効率アップなんだけど、なんかスノーホッケーのコートだとタイヤ埋まりそう。凍りそう・・・要検証。



結局コートづくりは昔から変わらず「スノーダンプ必須」ってことに落ちつくんだと思います。




そしてこれも今も昔もこの手法、







ダンプに人を載せて引っ張る。


除雪道具は色々便利そうなのがあるけどスノーホッケーに限って言えば昔から変わらずスノーダンプと仕上げの人載せダンプになりそうです。



おわり


  

Posted by こすりん at 08:47Comments(2)スノーホッケー