さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


2017年04月08日

留萌市の地域貢献

札幌発祥のスポーツ「スノーホッケー」は札幌市の小学校では毎年冬の恒例スポーツとなっていますが
中々札幌から発展し全道へとは広がりをみせていません。

そんな中、嬉しいことに留萌市の小学校は毎年札幌で行われている市長杯にまで遠路遥々参加してくれています。
留萌市でもスノーホッケーは毎年冬盛んに行われているようです。

時折新聞でもその活動が紹介されています。
<過去記事参照→各地区市長杯に向けて熱を帯びている模様


そんなシーズン真っ只中であった今年1月末にスノーホッケーの活動を行う小学校へ地元企業が協力したという記事が載っていました。


萌州建設株式会社が地域貢献



萌州建設株式会社

なんと地元建設会社がスノーホッケーの活動を行う留萌市潮静小学校で、スノーホッケー用コートを地域貢献として増設したそうで。


コートを作るだけで大変なスノーホッケー

雪が降る度コートの除雪から練習は始まり・・・

降雪量の多いときは半日もかかることも。


ましてやコートを1から作る、増設となるとそれはもう・・・・大変な労力で。



スコップで雪の積もったグラウンドにスコップをさし

ママさんダンプでその雪で運んだりするその作業は終わりが見えなく・・・・



絶望と挫折・戸惑い・闇・不安と戦い


やがて迎える体力の限界。


様々な苦難を乗り越えてようやくスノーホッケーのコートは完成します。


そんな苦労を知ってか地元企業が重機を使いコートを増設してくれたそうです。




さらに、

①ボール飛散防止ネットの設置

②コートの周りも除雪し観衆用スペースの確保




おったまげ。
凄すぎ!!



さらに大会当日も選手が万全の体勢で試合に挑めるようスポーツドリンクの提供。



スノーホッケーは周りの方々に支えられてやれているということを改めて実感した記事でした。


ちなみに小学校6年生男子の部で留萌チームが見事優勝!

留萌の勢いと熱の入れよう凄すぎ!!



おわり


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(スノーホッケー)の記事画像
東区大会を振り返る
東区大会お疲れ様でした
チーム名は時代を反映する傾向
昨年王者留萌潮静球友スポーツ少年団が練習を開始
2017年は14記事の更新でした
今度の舞台は雪上ではなく、
同じカテゴリー(スノーホッケー)の記事
 東区大会を振り返る (2018-01-30 23:24)
 東区大会お疲れ様でした (2018-01-28 22:16)
 チーム名は時代を反映する傾向 (2018-01-15 08:30)
 昨年王者留萌潮静球友スポーツ少年団が練習を開始 (2018-01-13 08:30)
 2017年は14記事の更新でした (2018-01-09 11:07)
 今度の舞台は雪上ではなく、 (2017-04-19 14:58)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
留萌市の地域貢献
    コメント(0)