さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › 作戦・戦略 › ロスタイムを稼ぐ方法-その2-
2016年11月09日

ロスタイムを稼ぐ方法-その2-

スノーホッケーでは前後半合わせて20分といいつつも、「ボールがラインを割った」「選手交代」「ちょっと足がつった」などことでは審判の時計は止まることなく流れ続けます。

なのでこの時間をできるだけ長くする、長引かせることで実際のプレイ時間を減らすことができる。その具体的な方法は前回のとおり。
(前回記事:ロスタイムを稼ぐ方法

前回お伝えした方法が、果たしてスポーツマンシップにのっとっている行動なのか否かは各個人各チームで十分話し合いのうえ判断をお願いします。今回の内容は個人的に前回よりも悪質であるため冗談であることを事前にお伝えしておきます。念のため)


少しでもロスタイムを稼ぎ、プレイ時間を削る。
プレイ時間を削ることは相手の猛攻を耐える時間が少しでも減るのでその分失点しにくい。
なので、もしかしたら「引き分け」にもっていくこともできる。
そういう意味でロスタイムは少しでも稼ぎたいところ。


そこで今回着目したのは審判。


小学生では2名、一般では3名から4名の審判が試合をジャッジします。
その審判は試合が円滑に進むようボールは合わせて2つ以上持っています。

特にスノーホッケーの場合、コートを囲むフェンスなどがないためボールが隣のコートへ入ることもしばしば。

なので審判がボールを拾いに行っている間に2つ目のボールを素早く審判が取り出しロスタイムがないよう円滑に試合を進めて行きます。



このスノーホッケーコートにフェンスがないというデメリットを今回時間をロスさせるためのメリットとしてかえていきます。


ボールを2つ以上携帯している審判により試合は割と円滑に進んでいきます。

中々2つともボールがコート外に・・・なんて状況意外と少ないのですが
時間をロスさせるためにわざと遠くにボールを打ち込む



シュートミスとみせかけてボールを遠くにfar away!

これを連続で繰り返すことにより審判の持ち球がなくなり、数十秒試合続行不可能に。


まずは審判の持ち球数を確認して実践に挑みましょう。








あくまでもジョークとして。





再度念をおしておきます。笑




おわり


あなたにおススメの記事

タグ :反則

同じカテゴリー(作戦・戦略)の記事画像
ロスタイムを稼ぐのも一つの勝ち方
【東区大会】気になる週間天気予報
プラカード大賞の今後は
ロスタイムを稼ぐ方法
タイムアウトの重要性
最速のスティック捌き考案【改良】
同じカテゴリー(作戦・戦略)の記事
 ロスタイムを稼ぐのも一つの勝ち方 (2018-01-26 20:06)
 【東区大会】気になる週間天気予報 (2018-01-20 12:40)
 プラカード大賞の今後は (2017-04-05 15:18)
 ロスタイムを稼ぐ方法 (2016-11-08 11:36)
 タイムアウトの重要性 (2016-11-04 10:00)
 最速のスティック捌き考案【改良】 (2016-05-27 15:35)

この記事へのコメント
なるほど、いつもながらナイスアイデア!

さすが年度も優勝しているこすりつけドライバーズですね。参考にさせて頂きますm(._.)m笑
Posted by ヨッシー at 2016年11月09日 21:18
チーム内で十分お話の上実行するかどうかの判断をお願いします。笑
Posted by てっし at 2016年11月09日 21:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ロスタイムを稼ぐ方法-その2-
    コメント(2)