さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › スノーホッケーを広める! › 冬の遊び「絵画コンクール」
2014年03月12日

冬の遊び「絵画コンクール」

こんにちはプロです。


滝野すずらん丘陵公園オフィシャルWebサイトにて、

冬の遊び「絵画コンクール」の結果発表が載っていました。


これは、冬の外遊びの思い出を絵に描い書いたもので

「未就学児部門」「小学校低学年部門」「小学校高学年部門」の各部門ごとに受賞者が発表されていました。




なんと、





小学校高学年部門 金賞




タイトル





「はじめてのスノーホッケー」






!!!!




冬の遊び「絵画コンクール」





なんか、驚きと共にうれしいですよね。




冬の遊びといえば、

僕らにとってはスノーホッケーがあたりまえなんですが

それを知らない人にとっては「スキー」「雪合戦」というのがあたりまえでしょうか。


他の作品を見ていてもそう感じます。



実際にこの絵を描いた子もスキーや雪合戦、ゆきだるまを作って遊んできたと思います。


そのたくさんある冬の遊びの中で「スノーホッケー」をテーマに書いたことが素晴らしい!!




もう一つ注目すべきところは


タイトル「はじめてのスノーホッケー」




はじめて。




この絵を描いた子ははじめてスノーホッケーをやった。



楽しくなかったら絵に描かない。


つまり、スノーホッケーが楽しかった。





うれしい!!



小学生のチームが年々減る中で、新しくスノーホッケーを始めてみるという機会も少なくなってきている今、


はじめてスノーホッケーをやり、それを冬の思い出として絵に描いてくれたことに感動しています。





この発表がされたのが2月13日(木)


受賞者の表彰式が2月23日(日)




ん・・・・・



表彰式の日って、スノーホッケーの大会の日・・・・・・




どっちに参加したんでしょうか・・・。



おしまい




あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(スノーホッケーを広める!)の記事画像
記事数が1200件になりました
ゆきのね奨楽金で子供達の運動不足を解消
留萌市と小平町でスノーホッケー
【本編】東区スノーホッケー大会2018
小平町でスノーホッケー教室
スノーホッケーリフティング大会と山の手小学校でスノーホッケーイベント
同じカテゴリー(スノーホッケーを広める!)の記事
 ジャイアンツがいい選手ばかりを集めて補強することはいい事なのか (2018-12-11 08:00)
 記事数が1200件になりました (2018-12-03 08:00)
 ゆきのね奨楽金で子供達の運動不足を解消 (2018-11-11 08:00)
 留萌市と小平町でスノーホッケー (2018-02-15 08:00)
 【本編】東区スノーホッケー大会2018 (2018-02-07 08:00)
 小平町でスノーホッケー教室 (2018-02-06 08:00)

この記事へのコメント
スノーホッケー心が温かくなる話題ありがとうございました。
各家庭にステックが常に常備(サッカーボール、野球のバットやボールがあるように)されていて、冬になると近所の子どもたちが公園に集まってスノーホッケーに興じる、みたいになるといいですね…。
しかし、どうしてこんな情報まですぐキャッチできるのか…プロさんのスノーホッケーアンテナ、すごいです。
Posted by モモ at 2014年03月12日 19:02
札幌の冬の定番に。
それはなかなか壮大ですね。
それは最終的な目標…いや夢ですね!

常にスノホアンテナを張ってるので自然と引き寄せられてくるんです^ ^
Posted by プロ at 2014年03月12日 22:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
冬の遊び「絵画コンクール」
    コメント(2)