さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › ゲートボール › ゲートボールの緊張感
2013年07月28日

ゲートボールの緊張感

チームの1番打者としてゲートボール大会にスタメン出場

こんにちはプロです。

ゲートボールの緊張感

ゲートボール初体験してきました。


ヒリヒリにひりついた大会という雰囲気ではなかったので、

楽しくほのぼのとやってきました。


ゲートボールのルールを簡単に説明すると、

1チーム5人。第1ゲートから第3ゲートまであり、それぞれのゲートを通過して、最終的にコートの中央に立っている杭にボールを当てればアガリ。
ゴールすると1人が合計5点稼げるので全員アガリができるとパーフェクトとなりチームに25点入ることになります。制限時間内でより多くの得点を稼げたチームの勝ちとなります。




聞いた感じ単純。


しかしここにかなりの奥ぶかさが存在します。


そのゲーム性、戦略、駆け引き、探り合い。



その全てが始まるのは、実は第1ゲートをくぐった者のみです。



第1ゲートを通す事に関しては戦略、駆け引きなどは存在しません。

交互に回ってくる順番の中で、まずはそれぞれが第1ゲートの通過を目指します。



このゲートを通過して初めてゲートボールのゲームに参加できるんですが、

第1ゲートまでの距離に対して、30cm幅の第1ゲートは物凄く狭く感じます。



でも、


いざスタートラインにボールを置き、第1ゲートに狙いを定めた時、


とても馴染みのある距離感でした。


後に帰って調べてわかった事は、スノーホッケーでのPKの距離4mと第1ゲートまでの距離が同じでした。


どうりで馴染みのある距離だと思ったのと、


一人一人がそのゲートを通過させなければいけないというプレッシャーは、まさにスノーホッケーのPKです。


試合開始からPKという感覚。最初から耐えられません。


さらに耐えられないのは、

スノーホッケーではPKを外せる枠が1つあり、
(※過去記事参照:ゴールマークヒット合戦について考える)

それを仲間がカバーする事も可能なことに対し、

ゲートボールにおいては第1ゲートに関して誰も助ける事はできないし、通るまで打たなければいけません。



全員自力GOALが必須です。



スノーホッケーでは4mの位置から1.5m幅のゴールにボールを通さなければいけなく、

その幅ですら自分は通りにくいというのに

スノーホッケーと同じPKの位置から幅30cmの、スノーホッケーのゴール幅に比べて1/5のゲートにボールを通せるのでしょうか・・・・。







お察しの通り、

僕はひとりミスをし続け、

みんなが第1ゲートを通過し、ゲームを楽しんでいる中で

ただひとり第1ゲートを狙いつづけ、


5巡目にしてようやく第1ゲートを通過したという試合がありました。



ただ、PKと同じ距離という第1ゲートを、

難なく通せる技術、ゲートボールでは基本中の基本のこの技術を手に入れることができれば

スノーホッケーのPKでも30cm単位で狙いを定められ、ゴールが確実なものになるのではないかと思います。



また機会があればゲートボールに参加してみます。


おしまい


ゲートボール-Wikipedia


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(ゲートボール)の記事画像
強弱で出すパス
ほのぼのスポーツといえば
同じカテゴリー(ゲートボール)の記事
 強弱で出すパス (2013-07-30 15:33)
 ほのぼのスポーツといえば (2013-07-20 22:33)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゲートボールの緊張感
    コメント(0)