さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › スノーホッケーを広める! › シジミの漁獲量とスノーホッケー
2013年05月10日

シジミの漁獲量とスノーホッケー

地球の7割が海だというのに、その海から今まで何一つスノーホッケーを学んでいませんでした。


こんにちは、プロです。



ということで、シジミの漁獲量調査に出かけました。





シジミが生息する場所でポイント毎に調査をし、今年はどれくらいのシジミが獲れそうなのかを調査します。




しかし船長は言いました。

「今はもうシジミだけじゃ喰っていけねぇ」と。



年々この場所ではシジミの漁獲量が減っているそうです。


それは全国的にもそのようで毎年減少傾向にあり、シジミの単価は上昇中。






赤いグラフがシジミの漁獲量。
年々減っているのがわかります。





このグラフを見て僕はヤバイ事に気づきました。




慌てて過去のコメントを漁り、「幌西メンバー父」さんが教えてくれた近年のスノーホッケー人口をグラフ化しました。






これがスノーホッケー人口のグラフです。
やはり、スノーホッケー人口も減少傾向にある。



そしてこのグラフをシジミのグラフと重ね合わせてみました。





シジミの最高漁獲量のポイントと

近年の最高参加者数のポイントを都合よく合わせたのがこれ。







やばい!!!!




これはやばいぞ!!!!



スノーホッケー人口とシジミの漁獲量が完全にリンクしている!!!



ホッケー人口が少し上がればシジミの漁獲量も上がって、下がるときは一緒に下がっている!!!




つまり、

船長が「昔は船が沈むほどシジミが獲れた」という時代に戻す為には、スノーホッケー人口を上げる事だ。



つまり、

漁師の方々がたくさんシジミを獲っていただければ、自然とスノーホッケー人口は増えるという事だ。



僕らがスノホ人口を増やすのが先か、漁師がシジミをたくさん獲るのが先か。


今後もこの密接な関係に注目です。



おしまい


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(スノーホッケーを広める!)の記事画像
ゆきのね奨楽金で子供達の運動不足を解消
留萌市と小平町でスノーホッケー
【本編】東区スノーホッケー大会2018
小平町でスノーホッケー教室
スノーホッケーリフティング大会と山の手小学校でスノーホッケーイベント
「るもい」まんまNEWSにスノーホッケー
同じカテゴリー(スノーホッケーを広める!)の記事
 ゆきのね奨楽金で子供達の運動不足を解消 (2018-11-11 08:00)
 留萌市と小平町でスノーホッケー (2018-02-15 08:00)
 【本編】東区スノーホッケー大会2018 (2018-02-07 08:00)
 小平町でスノーホッケー教室 (2018-02-06 08:00)
 スノーホッケーリフティング大会と山の手小学校でスノーホッケーイベント (2017-04-06 14:17)
 「るもい」まんまNEWSにスノーホッケー (2016-04-19 16:57)

この記事へのコメント
JRでふいちゃったしょー_| ̄|○
こじつけもいいとこだわ♡♡♡笑
Posted by さき at 2013年05月10日 18:29




最近レベル高いですね^_^

フロアボールのスティックの吸い付きも面白かったです。

このブログを過去まで遡って出版したら、間違ってヒットしないですかね?


過去の事件も笑えますよね(^∇^)
Posted by よっしー at 2013年05月10日 18:30
さき
いやいやこじつけって…おれは大発見したと思ったんだが……。


よっしーさん
おかげさまでブログランキング急上昇中です^ ^笑
出版…壮大なプロジェクトだ…
しかしもうネタ切れです笑
Posted by プロ at 2013年05月10日 20:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シジミの漁獲量とスノーホッケー
    コメント(3)