さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


2018年12月01日

力の入れどころ

思い返すと15年ほど前、

練習するためにゴールを自作した。




置き型タイプのゴールであったため、

山練夜練で持ち運びができるように改良されたのが2代目ゴール



置き型タイプからゴール幅の拡張に成功。

実物のゴールサイズを実現しながらも
どこでも持ち運べるよう車に収納できるコンパクトタイプ。



また、軽量化にも成功し苦労なく持ち運びが自由となりました。
誰でも簡単に組み立てが可能となっておりゴールの組み立てに時間を要することもありません。


この熱量はどこへ・・・。


勝ちたい、優勝したい、だから練習したい。という思いから発生したこの熱量は
いつからかプラカードで目立ちたいに変わり

ウッドバーニング

昨シーズンは文字を焼きました。

ゴールを自作したあの時の熱量そのままに
今ではそれをプラカードに注いでいます。笑


2018年プラカード製作過程はこちら↓





ちなみにプラカードを遡ってみると、

2016年




さらに遡り2011年



立体!!電気付き!!!笑


2009年、2010年は
2年連続同じプラカードを使用。




2008年は

フェアプレー


シュールすぎ。


どうやら大会前日ギリギリまでプラカード製作をしていたが、
結局気に入るデザインのものが出来ずに
文字だけのメッセージ性溢れるプラカードになったとか。

来年は各チームどんなプラカードが登場するのか楽しみです。


おしまい  


Posted by こすりん at 08:00Comments(0)プラカード