さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


2015年01月22日

東区スノーホッケー大会から始まる

前回からの続きです


東区スノーホッケー大会の監督会議を通して議長という立場であることを理解し、

皆様から出た意見をまとめました。


今回白熱した質問は
前回お伝えした通り「帽子の着用義務化」です。


沢山でた賛否の意見を取りまとめ、
会長は、

迷いに迷い、


「あくまで子供主体であり子供の見本となる一般の部において、子供だけではなく見本となる大人も帽子の着用を東区大会で義務化しようと思いますがいかがでしょうか」

と言い、賛同を得られ可決されました。


ということで、

東区大会では安全を考え
帽子を着用しないと試合に出れません。


これを東区大会だけでやるのでは意味がないという意見もあり、今後市長杯でも帽子の着用義務化が提案されていきます。


その先駆けとして
スノーホッケーの安全を考え
「まずは東区大会から」帽子の着用義務化が始まります。



一般の部でプレーしている選手達にとって帽子を被らない理由は「暑い」「邪魔」というのが殆どだと思います。

が、

それを見た中高生が
「帽子を被らないでやるスノーホッケーってカッコイイ」と見えてしまい

中高生が一般の部に入ってから帽子を被らなくなった。

中高生の子供を持つ保護者が「危険でいつも心配している」

と言っていました。


そう見えてることに驚きましたが、
一般の部は子供の見本とスノーホッケーで言われてることが改めて理解できます。

いい事も悪い事も見本となるんだなと。


最近、一般の部で子供の見本という意識が薄れつつある。

そんな意見もありました。


スノーホッケーを盛り上げる提案ばかりじゃなく、スノーホッケーの安全を考えた提案も今後必要かもしれません。

というわけで、
帽子の着用義務化

子供達の安全を考え
今回、東区大会から始まり今後スノーホッケー全体へと変わっていきます。



みなさんはどう考えますか、
帽子の着用義務化。

匿名で構わないので意見お待ちしております。


おわり  

Posted by こすりん at 23:53Comments(14)スノーホッケー