さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


2014年03月04日

気持ちと気持ちがぶつかった時に勝敗を分けるのは

こんにちはプロです。


絶対に負けたくない、絶対勝つという強い気持ちが上だった方が試合に勝つと思っています。


気持ちがあればあるほど、それはプレーに繋がるし得点に繋がります。

気持ちがあるから限界を超えて走れて

少々強引なシュートでも、ボールにその気持ちを乗せればネットに突き刺さります。



しかし、

市長杯準決勝
こすりつけDRIVERS vs 山本歯科クリニック



この気持ちと気持ちがぶつかり合い、終了間際まで0-0。


気持ちではどちらも譲らず同等、


最終的に勝敗を分けたのは「作戦」。



これは予想外でした。




0-0で後半終了1分前、


ゴール前で山本歯科がフリーヒットを得た場面。

シュートコースを3人で固めます。

(赤がボールの位置)




この時も僕は、「このピンチも気持ちで防げる」と思っていました。


しかし3人の壁に入る1人の山本歯科の選手。


この選手がシュート直前に矢印方向に動いた。




それにつられこすりつけの選手も動く。




するとキレイにシュートコースは空き、そのままキレイにゴール。



結局0-1で敗れました。

気持ちと気持ちが均衡した時、勝敗を分けるのは「作戦」


なるほど、そこまでは考えてなかった。
気持ちで全て乗り越えれると思っていただけにまた一つ勉強になりました。



よし、また必勝法考えよう。


おしまい  

Posted by こすりん at 21:31Comments(2)作戦・戦略シーズン2014