さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


2006年12月26日

目には見えない線(ライン)

『さぁ、いよいよスタートです』

数日前…


北海道もいよいよ冬らしくなってきました。

肌寒くなる気温…

降り積もる雪…


そんなある日のこと


車を運転していた僕はふと疑問を感じた。


夏場は道路を道路交通法に従い、決められた車線を決められた通りに走る車。

赤信号で止まり、青信号で進む。

右ウインカーを出せば右に曲がり
左ウインカーを出せば左に曲がる。


当たり前と言えば当たり前だ。


しかし冬になり道路に雪が積もると…


白線は見えなくなり、路幅は狭くなる。

すると…

車は各々が自分の感覚、あるいは自分の判断で、『真っ白な道路という名のキャンパスにタイヤの後を面々と描く。』


『実況は私トマトがお送り致します。』


その様を見るなり僕は感じた。


一本の線があるだけで広く長い道も人は決まった枠の中で、決まった動きをできるが


何もないただ広いだけの道では、それぞれがそれぞれの図りで物事を決め、バラバラな動きをしてしまう。


そう感じました。


『いいパスがでた〜』


スノーホッケーのフィールドはゴールエリア以外にはセンターサークル。あとは外枠のみ。

ラインという枠組みこそあるものの、一人一人のプレイに枠はない。

一つ間違えればプレイが重なり、
一つ間違えればオーバープレイヤーになる。

こういった動きをチームで統率できなければ、強者とは言えない。

7人、ベンチを含めプレイする上で、試合を7人でプレイするのではなく、7人が1つになってプレイすることが『強い』と言われる一つの理由になるのではないでしょうか?


ソコに枝葉を生やし個々の能力。技術然り体力がコラボることで、見る者を魅了するチームになれると思います。


☆★新コーナー★☆
『トマトと愉快な仲間達♪』

中学生の頃の話だ。

学校が終わり、友達と家に向かう帰り道。

友達は道端に落ちていた漬け物石位の大きさの氷を学校から家への路中、ずっと手で磨きツルツルにしていた。

(こういう意味のない行動があの頃は楽しかったりするんだよね)

そんな中、道端を歩いていると…


『トゥルン♪』


その友達は道路の氷に足を滑らせ尻餅。


手に持っていた氷は空中へ。


友達が尻餅をついた『ドンっ』って音のあとに『ゴンっ』という鈍い音。


そう、クリティカルヒット!


友達はその場でKO!!頭を抱え、うずくまり、頭部を抱える。


周りは大爆笑。


マンガでよくあるワンシーンだよね?


現実に起きた奇跡に笑が止まらなかった。


数分後には大きなタンコブ。


それ以来、彼はむやみに氷を手にすることはなくなりました。


こうやって少しずつ大人になっていくんですね。


そんな彼も今は軽自動車協会に勤める公務員。


車に頭をぶつけてないといいですね。


また来週〜。  

Posted by こすりん at 03:03Comments(3)作戦・戦略