さぽろぐ

  スポーツ  |  札幌市西区

新規登録ログインヘルプ


 › スノーホッケーを世の中に広める会2!! › スノーホッケーを広める!
2018年02月06日

小平町でスノーホッケー教室

札幌市を中心に栄えるスノーホッケー

冬の体育の授業でも取り入れられる学校もあるほど札幌は盛り上がっているが、中々札幌圏から広がりをみせません。


ただ、留萌市ではスノーホッケーが盛んで毎年札幌で行われる市長杯に参加するほどです。
昨年は小学生男子の部で優勝と札幌勢を圧倒しました。


そんな留萌市の熱が伝染したのか、
留萌市の隣、小平町。

小平スノーホッケー

札幌市から約160km離れた小平町は人口約3200人の町。


ここでは町の教育委員会主催で「スノーホッケー教室」を開催するとのことで北海道新聞に掲載されていました。

小平町


素晴らしい取り組み

小平町では毎年スノーホッケーをやっている模様。
(おそらく市長杯には参加していないはずですが調べきれていません。)



市長杯という札幌ではスノーホッケーの総決算。

これに出て勝つための練習だという程に選手たちは「市長杯!市長杯!」と頭の中が市長杯でいっぱいです。


自分も小学生の頃そうでした。



スノーホッケーの目的は「冬場の体力増進」
選手達は「体力増進だ」という目的ではなく、あくまでも「市長杯での優勝」を目標に練習する。
でも結果、その目標のために冬のグラウンドを散々走り回り「体力増進」に繋がり目的が達成されいます。


優勝を目指した分だけ、自然と体力増進



でも市長杯に出場していない小平町では、市長杯という目標がないにも関わらずスノーホッケーをしている。


きっとスノーホッケー自体が楽しいから。


市長杯という目標がなくても、スノーホッケーをすること自体が楽しくて冬のグラウンドを駆け回っているに違いありません。


札幌の選手で考えてみると
もし札幌市が市長杯を無くしたら
今の札幌で活動している選手たちは目標を失い

大会がなくてもスノーホッケーをするっていう選手は殆どいないはず。
今の小平町のようにスノーホッケーはできないはず。


一気に廃れてしまう。


市長杯という中毒性のある大会を知っているから。



ふと座ったパチンコ台が連チャンして
その中毒性のある連チャンが忘れられなくて
またパチンコ屋に足を、


訂正。


スマホがなかった時はなかったで生活できてても
スマホが普及し何でも調べられる今にスマホがなくなったらきっと辛い。もがく。
早くスマホ復活しろってなる。


何が言いたいのかというと、
スノーホッケー自体は楽しいものであっても、一度市長杯という中毒性のある大会に出ると、市長杯なしではスノーホッケーができない。ということ。


中々スノーホッケーに取り組む地域が少ない中でスノーホッケーに毎年取り組む小平町では是非、今後市長杯に出場しもっともっとスノーホッケーの魅力を知ってもらいたいのと、札幌以外からのチームが参加することでスノーホッケー自体がもっと盛り上がっていくのではと思っています。


市長杯でお待ちしております。
(※すでに小平町が市長杯に毎年参加していたらごめんなさい。笑)


おわり


  


Posted by こすりん at 08:00Comments(0)スノーホッケーを広める!
2017年04月06日

スノーホッケーリフティング大会と山の手小学校でスノーホッケーイベント

今年2月18日市長杯の前日に
山の手小学校で冬のイベントがあり
そのイベント内にスノーホッケーイベントがあったようで。

「かさ ・イン ・ワン」
傘を逆さに設置しそれをホールとし、手作りスノーホッケースティックでボールを転がす。

わかりやすく言えばパークゴルフ的なイメージでしょうか?


「スノーホッケーリレー」
チーム戦。手作りスノーホッケースティックでボールをころがしながら、コーンまで行き戻ってきて次の走者につなぐ。

燃えますねこれ。


そして、このイベントに携わった方々はスノーホッケー経験のない方ばかり
というのが驚き。

今回スノーホッケーを知らない子供たちや大人にスノーホッケーに触れてみようと企画され
実際にスノーホッケーで使用している木のスティックは初心者では少し危険ということもあり
わざわざダンボールで手作りされたそうで。


手作りスティック



凄すぎます!!!!



そして市長杯当日でも1時間程
試合に参加する選手やいつも応援にきている父母などを対象にリフティング大会が開催され、傘を逆さに設置してそれを的とし、そこにボールを近づけるというルール

試合以外の楽しみや普段観てはいるけどスノーホッケーに触れたことがないという方に少しでも
触れてもらえ、プラカード大賞も含め色々なスノーホッケーの楽しみが増えていく市長杯。


そして今回このイベントに賛同・協力いただいた方の中に
小学生からスノーホッケーをやっており一般男子でも参加経験のある方がいるという情報をキャッチしました。



そしてその方、

現在は小学校の先生として子供たちにスノーホッケーを指導されているそうで。



素晴らしすぎ!

選手から後世へ繋ぐ指導者へ
まさに理想形態!!






是非今の子供たちにスノーホッケーを伝えていってほしいです。


おわり
  

Posted by こすりん at 14:17Comments(0)スノーホッケーを広める!
2016年04月19日

「るもい」まんまNEWSにスノーホッケー

2か月程前の話になります。


留萌振興局が行っているメールマガジン「るもい」まんまニュースというのがあり、


http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/merumaga.htm


この度私に振興局よりメルマガ寄稿の依頼がありました。
(正確に言うと留萌管内各町村順番の持ち回り・・・笑)


お題は自由。

そこで自分は何を書こうかと参考までに
過去の寄稿された方々の内容をみてみると

「自分の今の仕事」
「観光情報」

が殆どです。



悩みました。

仕事のことをベラベラしゃべったところで誰が興味を持ってくれるのか。




しかしお題は自由

そしてメルマガ登録者数ウン千人!!



これはチャンスとばかりに閃き

自分の自己紹介は程々に
スノーホッケーに対する熱き魂(ソウル)を
書き殴りました。


今伝えたい事全てを思うがままに


メルマガ登録者数ウン千人という大舞台に
スノーホッケーが発信されるということを想像しただけでもワクワクが止まりませんでした。




そして完成した熱き魂のこもった文章を事前に提出したところ・・・





ありがとうございます。
いくつかこちらで訂正させていただきました。


ただ、カワカミさんの意向を十分に尊重したいと思っているので
気に食わないようであれば原文そのまま載せますがいかがなさいますか?


と返信アリ。


別にとがっていたわけじゃないけど
全体的に丸みを帯び、より丁寧な言い回しへと直されていた文章に

校正していただいた文章でお願いします。と答えました。



最後にブログのURLも載せたので
心打たれた人がじゃんじゃんアクセスしてくるだろうと心躍らせていたのですが


それから1週間様子をみた結果、



アクセス数に異常なし!!




文章で伝えるって物凄く難しいと感じた出来事でした。


おわり  

Posted by こすりん at 16:57Comments(2)スノーホッケーを広める!